プロフィール

-rainbird-

Author:-rainbird-
時代小説、映画、JAZZ、それらを大人の楽しみとして愛でること。雨の夜の鴉のごとく、耳鳴りとともに日々の悪夢に苛まれつつも。

フリーエリア

ランキング

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブックマーク

スポンサード リンク

Link

フリーエリア

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

お江戸の経済戦争-山本一力「損料屋喜八郎始末控え」

「損料屋喜八郎始末控え」

山本一力「損料屋喜八郎始末控え」
(文春文庫)


山本一力のデビュー作です。
後に直木賞を受賞し、新しい人情話の書き手として注目されることになりますが、あまりそういう面が出せようもないこの作品でも、
たしかな萌芽が見て取れるように思います。

上司の身代わりとして祐筆同心の職を辞した喜八郎は損料屋になります。
損料屋というのは庶民相手に鍋釜や小銭を貸す商売。
時代は田沼意次が失脚し、松平定信が大老になった頃。
すぐに寛政の改革が始まります。
旗本や御家人が札差からの多額の借金に喘いでいた時期です。
そんななか巨利を貪る蔵前の札差、伊勢屋や笹倉屋の陰謀に、
喜八郎を中心としたチームが立ち向かっていくというお話です。

なかなかにスリリングで面白い小説に仕上がってます。
経済小説のようでもあり、スパイ小説のようでもあります。
この物語の下敷きになっているのは寛政の改革で行われた棄捐令。
旗本や御家人が幕府から貰うサラリーの一部は米です。
この支給米は蔵米と呼ばれていました。
米ではいろいろと具合が悪いので、どうしても換金する必要があった。
それで幕府の米蔵から旗本や御家人に代わって、蔵米を受け取り、
米問屋に売却する商売が出てきた。それが札差です。
はじめ札差は代行手数料で儲けていたわけですが、
物価が上がり、旗本や御家人の暮らしが苦しくなると、
そのうち蔵米を抵当に高利のお金を貸すようになっていった。
それで札差は莫大な財力と権力を持つようになったというわけです。
そこに棄捐令です。
棄捐令とは札差に借金のある旗本・御家人らの借金を、
全部チャラにしますというお触れ。
実際の寛政の改革では、
120万両という途方もない金額がチャラになりましたが、
潰れた札差はほとんどなかったという話です。
どこかのリーマン○○とは大違い(笑)
しかし考えてみたらほんとムチャクチャな話です(笑)
今の時代に棄捐令なんかが行われたらさぞかし大変でしょうね。
それこそ大混乱です。
でも住宅ローンを青息吐息で払い続ける我が身とすれば、
ひそかに「ヤッタ!」と快哉を叫ぶかも知れませんが(笑)

ちなみに喜八郎が商う損料屋というのは、
いわば江戸のレンタルショップ。
江戸にはこの損料屋がたくさんありました。
鍋釜や布団なども貸しましたが、面白いのは「ふんどし」(笑)
当時ふんどしはかなり高価なもので、
なかなか気軽に買えるものではなかったようです。
洗い代も加算されますから、賃料も高かったようですが、
それでも買うより格段に安かったということなんでしょうね。

それにしても「いわし祝言」の章で行われる深川船着き場の大祝言の場面。
じつに印象的です。
祝祭的歓喜が充ち満ちて、しばらく脳裏から離れそうにないです(笑)

ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
スポンサーサイト



2008-10-15(Wed) 00:08| 山本一力の世界| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rainbird07.blog80.fc2.com/tb.php/17-91860b7f

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。