プロフィール

-rainbird-

Author:-rainbird-
時代小説、映画、JAZZ、それらを大人の楽しみとして愛でること。雨の夜の鴉のごとく、耳鳴りとともに日々の悪夢に苛まれつつも。

フリーエリア

ランキング

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブックマーク

スポンサード リンク

Link

フリーエリア

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

女を生きる-乙川優三郎「夜の小紋」

「夜の小紋」

乙川優三郎「夜の小紋」
(講談社文庫)


少なからず純文学の香気漂う作品集。
もとより純文学とか大衆文学だとかの分け隔ては意味が無いと考えていますが、あえて言えば、ある種の高貴な雰囲気を兼ね備えたものを純文学だと人々が言い習わしていた、
また事実、読むたびに何かしらの深い示唆を与えられたものを純文学だと言っていた、そういう時代の小説の雰囲気を持った作品集だと思います。
では小難しい小説かといったら全然そんなものではありません。
江戸の町に生きる女たちの香しい姿を良く伝えている、そういう作品集だと思います。

「芥火」

水茶屋上がりのかつ江は、大店の旦那に妾として囲われ、九年の歳月が流れる。かつ江は男を待ち続ける日々に飽いて、着物をあつらえる趣味に没頭していた。
かつ江は男でも金でも、目の前に何か追いかけるものがないと生きていけない性分なのである。
そんなかつ江に旦那から別れ話が持ち出される。
かつ江は潔く身を引き、これから暮らしのためにはかつて自分が住んでいた世界に戻るしかないと思い、深川の町に出物を見つけ、そこで小さな切見世(安い女郎屋)をはじめることにする。
そしてかつ江はかつて自分が働いていた水茶屋の女将で、
いまは娼家を営むうらに相談を持ちかける一方で、
昔馴染みの男からとにかく金を引き出そうと金策に動き始める……

江戸はとにかく海をどんどん埋め立てて広がっていった都市で、
この小説の舞台となる深川あたりなんかもそういう埋め立て地です。
芥や土で海を埋め立てると、まず安手な岡場所を作ります。
娼家が立ち並ぶと、男がどんどんやってきますから、土地が自然と踏み固まる。
ある程度固まったら、さっと移転するなり、壊すなりして新しい町を作る。
そういうサイクルだったわけです。
だからこういう海沿いの町に集められた女たちというのは、かなり底辺層の女たちだということになります。
かつ江はそういう町で生きてきて、生き伸びていくには、自分しか頼るものがないんだということを良く知っている女です。だから男から金を引き出すにしても、ためらいもせず女としてのあらん限りの手管を使う。
でも男にもたれかかって生きるという幻想はあっさり捨てています。
だから生きるためにはどんなことでも厭わない。
女として在ることと、生きるということが区別なく重なってる。
そういう気がします、
娼家の女将であるうらがかつ江に言う言葉があります。
「生きるのが商売だから」
この言葉はなぜか「女を生きるのが商売だから」とも聞こえてきたりします。
したたかでたくましい生き方です。

「夜の小紋」

魚油問屋の次男由蔵はふとしたことで江戸小紋に魅せられ、
親の許しを得て修行することに。
いつか自分が考案した小紋の型を彫り、それを生業としていく夢を持っていた由蔵。
色挿し職人のふゆとも行く末を誓っていた。
たが家を継いだ兄が急死し、由蔵は父親の説得でやむなく家業を継ぐことになり、ふゆとも別れる。
由蔵は商売に没頭していき、いつしか小紋のことも忘れていった。
だがいつかは魚油問屋を兄の子供に引き渡さなければならないと気づいたとき、由蔵の心は自分を失っていく。
そんなある日、なじみの料理屋の女将はやが、おもしろい小紋を見つけたと言い、それをあしらった着物を由蔵に見せると言う。
やがて出来上がってきたその小紋を見た由蔵は驚く……

この小説でもふゆという色挿しの女の生き方が清冽に綴られることになります。
結局ふゆは作中に登場しませんが、
自分を見失いつつあった由蔵を促す存在として語られます。
女には無理だと言われ、仕事場を転々としてでも、
自分の色と意匠にこだわり抜き、
色挿し職人として洗練の高みに登っていったふゆ。
そういうふゆに由蔵は最後はかき立てられるものを感じ、
新たな一歩へと踏み出していこうとします。
それはもう男とか女とか、
情愛の幻想をすでに越えた促しだと思います。
しかし登場しない女の生き方を間接的に語る方法は見事ですね。

他にも「柴の家」のふきという女の生き方も心に残ります。
主人公との交情も胸に納めて、
自分の色を実現するために作陶に賭けていきます。
どれもこれも女のそれぞれの生き方ですが、
世俗のなかで何にまみれようと己れを見失わない、
そういう強い生き方をする女たちが、
この作品集の主人公だという気がしますね。

そのほかの収録作品

「柴の家」
「虚舟」
「妖花」

ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
スポンサーサイト



2008-10-17(Fri) 00:51| 乙川優三郎の世界| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rainbird07.blog80.fc2.com/tb.php/18-33e4f81e

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。