プロフィール

-rainbird-

Author:-rainbird-
時代小説、映画、JAZZ、それらを大人の楽しみとして愛でること。雨の夜の鴉のごとく、耳鳴りとともに日々の悪夢に苛まれつつも。

フリーエリア

ランキング

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブックマーク

スポンサード リンク

Link

フリーエリア

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

江戸の恋はしみじみと-宇江佐真理「余寒の雪」

「余寒の雪」


(文春文庫)


2001年に第7回中山義秀文学賞を取った作品集です。
中山義秀文学賞というのは歴史・時代小説を対象とした数少ない文学賞で、
2004年には乙川優三郎も受賞しています。
おそらく宇江佐真理という小説家にとって、
岐路に位置する重要な作品集だろうと思います。
まだ初期のころなので、展開に少しぎこちなさがあるとはいえ、
なかなかの物語巧者です。
とくに派手でもなく淡々と刻まれる恋物語は、
繊細に書き込まれた江戸の世界を背景に、
淡いゆえにでしょうか、
かえって情感溢れるものになって妙に胸を打ちます。

「梅匂う」

小間物屋の主人助松は、三年前に女房を亡くし、それ以来のやもめ暮らし。
子供もいなかったので仕事の忙しさにかまけるうちに、
いつしか寂しさも薄らいで、気ままなひとり暮らしを続けていた。
その助松が仕事の終わったある日、
両国広小路でふと漂ってくるかすかな匂いにつられ、
大通りから細い通路へと足を踏み入れる。
そこは見世物小屋の楽屋の裏手につながっており、
楽屋ではいま女力持ちで評判を取っている大滝太夫が化粧台に向かっていた。
助松は大滝太夫の顔を覗き見るなり、一目で惹かれてしまう。
それ以来助松は見せ物小屋へと足繁く通い始めることに……

助松と大滝太夫の恋の顛末を描いた物語。
大滝太夫は見世物小屋に出ている力持ちの大女です。
とはいえ、山のような大女かというとそうではありません。
でもやはり並の女性より大きいということで、
大滝太夫は心に屈折を抱えています。
助松は小屋に通い詰めたあげく、大滝太夫とめでたく結ばれる。
大滝太夫が助松の家に泊まるようになり、
助松に至福のときが過ぎるのですが、
大滝太夫には昔から間夫がいて、
自分のような大女にはじめて好きだと言ってくれたその男から、
どうしても離れることが出来なかった。
そのことがわかって大滝太夫は助松の許を去ります。
助松は美人水の容器に大滝太夫の姿を入れて売り出し、評判を取ります。
でも心は晴れない。
結局大滝太夫は助松のところへ帰ってきます。
助松の家の前に雨に濡れながら立ってる。
間夫と小屋主が組んで、はじめから大滝太夫を騙していたんですね。
で、逃げてくるわけです。
最後に夜泣き蕎麦屋を呼ぶ場面があります。
家の前の道に出て、もうずっと前から助松の女房だったように、
夜泣き蕎麦屋を呼ぶ大滝太夫の声を聞きながら、
くすぐったいような安心感が助松を包み込む。
なぜかこの場面、しみじみといいです。

「余寒の雪」

知佐は仙台藩旗本原田文七郎の娘。
女ながらに武芸に秀で、
奥向きの女中たちに武芸指南をする別式女を夢見ていた。
男髷に袴姿。物言いも男である。二十歳を迎えるというのに縁談もない。
知佐の行く末を案じた原田夫婦は親戚に相談し、ある計画を立てる。
仙台に初雪が降った頃、知佐は叔父夫婦とともに江戸に向かう。
投宿先は八丁堀北町奉行所同心鶴見俵四郎の家だった。
着いた早々、知佐は俵四郎の母春江にいきなり自分の祝言のことを聞かれる。
じつは知佐を俵四郎の後添いにと、一族で仕組んだ計画だったのだ。
怒り心頭の知佐だったが、叔父夫婦になだめられ、
とりあえず俵四郎の家にしばらくやっかいになることに。
俵四郎は子供がいた。
松之丞という五歳になる小生意気な男の子である。
さっそく松之丞が知佐をからかいはじめるが……

この小説、じつに清々しい読後感が残ります。
知佐の心境の変化が読みどころなんですが、
俵四郎との間というより、松之丞との交流が知佐を変化させていきます。
それにしても知佐と小生意気な松之丞のやりとりがいいですね。
宇江佐真理は子供を描くのが本当に上手です。
まずもって物言いが愛くるしい。
これだけでも作家としてはだいぶ得するんじゃないかと思います(笑)
「寒露梅」でも花魁付きの禿と呼ばれる少女達が登場します。
その禿たちのしぐさや物言いがとても印象的でした。
この小説、男やもめと小生意気なガキ、
そこに男勝りの行き後れの娘が登場する。
この構成だけでオチがだいたい想像つきます(笑)
収まるところへ収まる、
大団円を絵に描いたような物語ではありますが、
でもこれをマンネリと言うなかれ、
人情小説とは偉大なる予定調和です(笑)
最後の読後感までもがこの小説のオチだと思うほどに、
上手く書かれた小説です。

「梅匂う」で出てくる見世物小屋。
いろいろと哀しい話もあったようです。
江戸時代の見世物小屋の芸人は、芸を持つ人たちとは別に、
身体的な特徴を売りにする見世物がありました。
「親の因果が子に報い~」
いわゆる因果ものです(笑)
たとえば人並みはずれて毛深いので「熊女」とか。
まあ、暮らしのためには仕方が無いこととはいえ、
本人たちの気持ちはどうだったんでしょうね。
もっともばかばかしいのもあって、
有名なところでは「六尺の大いたち」
なにかといえば、六尺の板にべっとりと赤い絵具が塗って置いてある。
ただそれだけ(笑)
でもこれを洒落だとわかっていて、江戸の人たちは鷹揚に受け流す。
レベル高いですね(笑)

そのほかの収録作品

「紫陽花」
「あさきゆめみし」
「藤尾の局」
「出奔」
「蝦夷松前藩異聞」

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へブログランキングへ


スポンサーサイト



2008-11-27(Thu) 00:19| 宇江佐真理の世界| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rainbird07.blog80.fc2.com/tb.php/46-f5695efa

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。