プロフィール

-rainbird-

Author:-rainbird-
時代小説、映画、JAZZ、それらを大人の楽しみとして愛でること。雨の夜の鴉のごとく、耳鳴りとともに日々の悪夢に苛まれつつも。

フリーエリア

ランキング

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブックマーク

スポンサード リンク

Link

フリーエリア

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

作家の数だけ江戸がある

時代小説ばかり読んでいると、当時の雰囲気、つまりその昔の江戸や上方、京の町の風景や雰囲気はいったいどうだったのか?また地方に行くとどうだったか?
そんなとりとめの無いことを想像することがよくあります。
想像のもとになる頭の中にある情報は小説や、考証もの、江戸学の類の経由のものです。
そこから取捨選択、類推し、想像しているわけで、江戸の町の風景ひとつを取ってみても、要するに誰の小説を一番読みこんだか、誰の情報に一番毒されたか(笑)という話になってしまいます。
例えば時代小説のメイン舞台になることが多い江戸だと、池波正太郎の鬼平や梅安に傾倒していれば、江戸の町というのは盗賊や殺し屋ばっかりで、どうも魔窟というか闇黒というか、そういうイメージが先行して、のんびり穏やかに暮らしているという感じが薄くなりますよね。虚構なんだからと理解していても、江戸の町は昔のニューヨーク並にけっこうヤバかったんじゃないか(笑)なんて、
そういうイメージに彩られてしまうところがあります。
反対に宮部みゆきの「ぼんくら」や「日暮らし」なんかにハマってしまうと、天才美少年の弓之助や仲良しの歩くテープレコーダーのおでこがバタバタと走り回る江戸の町は、なんと明るく穏やかで良いところだ、なんて思ってしまいます。食べ物もおいしそうだし。
藤沢周平にしても江戸の町を舞台にした小説をたくさん書いていますが、江戸の深川や本所の水際あたりの描写は相当なもので、読み耽っていると絶対にこういう風景はあったに違いない、いや間違いない、とまあ、そのうちだんだんと確固たる江戸の町が自分の中で出来上がったりします。考えてみればかなり怖いことです。その作家が考えた過去の町並みが自分の頭の中に根付くのですから。こういうの、ありていに言えば刷り込みですよね(笑)
でもこれが分岐点というか、かなり大事なところで、あとあと時代小説を読み込んでいくうちに、それが知らず知らずに小説を選ぶ好悪の基準、物差しになっていることがあります。
突き詰めれば好き嫌いなんだからそれでいいと思うのですが、それがために喰わず嫌いになってしまうこともなんだか口惜しい気もします。
闇黒の江戸、風情の江戸、人情の江戸、明るく賑やかな江戸、いろんな江戸があっていいわけです。
作家の数だけ江戸の町があり、また読み手の数だけ江戸の町もあるわけですから、あんまり物差しを振りかぶらないで、ニュートラルに構えて、小説に書かれた江戸の町を歩き回って楽しむのが一番かも知れません。
しかし江戸という都市は不思議ですね。これだけ小説の舞台になる過去の都市というのはほかに見当たらない気がします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村 本ブログへ
◆ランキング参加中です!
 応援よろしくお願いします!
 m(._.)m




スポンサーサイト



2008-09-25(Thu) 23:41| 江戸はやっぱり面白い!| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rainbird07.blog80.fc2.com/tb.php/7-1f87c544

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

最近の記事

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。